あなたのウェブ戦略を支える【WEBの味方】 produced by connecnect

WEBディレクターの本音ブログ

検索結果の下に出る文章を自分で決めたい

      2015/09/24

企業サイトや人気サイトの運用実績多数!月額1,000円(税抜)~の高スペックレンタルサーバーヘテムル
[`evernote` not found]
Pocket

HTMLコード

検索結果に表示される内容としてユーザーの目にはじめに写るのが「Webサイトのタイトル」と「URL」と「サイトの説明文」です。この3つのセットを「リッチスニペット」といい、通常はGoogle等の検索エンジンがWebサイトの内容を判断し、自動でリッチスニペットを作成します。しかし、この内容はクリック率に大きく影響する部分なので、見込み客に訴求する内容を戦略的に表示させたいと思うでしょう。

リッチスニペットは何のためにあるのか?

リッチスニペットの目的は、ユーザーのアクセシビリティ向上にあります。クリック率を向上させたいのであれば、ユーザーにとって便利で有益な内容を作成することが重要です。

リッチスニペット
基本的に検索エンジンは、リッチスニペットをメタタグの「discription」の内容から書き出すようになっていますので、キャッチーなリード文を記載するように心がけましょう。また、検索結果には最大全角120文字程度が表示されるので、文字数には注意が必要です。

上記<meta name=”Description” ~/>までを<head>内に記述すれば完了です。

[`evernote` not found]
Pocket

 - SEO対策, ビギナー向け

Message

メールアドレスが公開されることはありません。