あなたのウェブ戦略を支える【WEBの味方】 produced by connecnect

WEBディレクターの本音ブログ

Web担当者と制作ディレクターの役割と心構え

      2015/09/08

[`evernote` not found]
Pocket

ウェブディレクター

私は、Web制作はサービス産業に属するもの考えている。
製造業のように、つくられたものが物理的にそこに存在しない、いわゆる無形財であるからだ。また、Web制作という業種は完成したものに加え、そのプロセスが顧客満足(CS)に大きく影響する。
このことからも、有形サービスとは別物だ。

しかしながら、Webサイトを作り上げるクリエイター達は「サービスマン/サービスウーマン」とはほど遠いアデンティティを持っている者が多い。デザイナー、プログラマー、コーダー、イラストレーター、フォトグラファー、ライターなど、独特の個性を持っていることが、この業界の参入条件でもあるかのように、見事に独特な感性をもつ人間達が揃っている。

私は、そんなクリエイター達にいつも魅了されている。個性的なクリエイターが独創的斬新な世界観を具体化し、インターネット上に創り出す。
こんな不思議な人達と共に作業ができるなんて、本当にWeb制作は楽しいシゴトだ。

だからこそ大きな声で伝えたいのは「アナタ(企業のWeb担当者、制作会社のWebディレクター)には、しっかりとサービス業を学ぶべきである」ということだ。

個性的なスタッフとチームを組み制作していくということは、クライアントへのサポートはアナタにしか出来ない重要な使命となるからだ。

クライアントの立場に立ってみる

有形サービスでない故、商品が物理的に存在しないことから、顧客はそれを手に取って試すことはできない。
ということは、クライアントは「制作を依頼しても”自分たちの満足感が満たされるものかどうか判断できない心理的に不安」を抱いたまま、アナタに制作を依頼していることになる。

無形サービスのプロセスにおいて、不安という心理が顧客の判断を大きく左右する。
例えば、あなたが信頼をよせるAさんが「このデザインは素敵ですよね」といった場合と、あなたが不信感をもっているBさんが同じことをいった場合とで、あなたの受ける印象は違う。

何をつくるかということも大切だが、だれがそれを創るのかが制作の進捗に大きく影響を与えるだ。

だからこそ企業のWeb担当者やWebディレクターは、顧客に気をかけ、真のニーズを理解し、お客様の望んだ情報を提供し、制作スタッフに仲介し、ローンチまでの制作プロセスを演出し、時としてそれらを魅力的に見せるための役を演じなければなりません。

時として、アタマの切れるディレクター。時として愛嬌のあるファシリテーター、また時としては頼りないプランナー。相手によって様々な役を嫌みなく演じ分ける必要があります。

あなたの振ったタクトで、様々なスタッフが奏でたものが完成し、インターネットに誕生した瞬間の喜びは忘れられないものとなります。

私もそれに見せられた一人として断言します。さぁ、制作を開始しましょう。

[`evernote` not found]
Pocket

 - マネジメント, 理念と思想

Message

メールアドレスが公開されることはありません。