あなたのウェブ戦略を支える【WEBの味方】 produced by connecnect

WEBディレクターの本音ブログ

独自ドメイン取得のメリット

      2015/09/08

[`evernote` not found]
Pocket

猫のドメイン

Webサイトやブログを開設して「ネットビジネスをはじめるぞ!」と意気込む方から「具体的にどうすればいいの?」と相談される機会も増えてきました。皆さん普段から何気なく見ているWebサイトが、どういった経緯でつくられているのかご存じないんですね。

そこで、当カテゴリーでは「はじめてのWebサイト」題して、Web制作初心者の方々へ役立つ情報を公開していきます。

ドメインとは

聞いたこともあると思いますが、例えるならばドメインとはWebサイトの住所のことです。
(「http://○○.com 」ならば「○○.com」の部分がドメインです。)

ドメインにはプロバイダーから提供されるものやサービスを申し込むことで使用できる『無料ドメイン』と、年間使用料を支払い自身で取得する『独自ドメイン』の2種類があります。無料ドメインは、文字通り無料で利用することができますが、ビジネスを目的としているのであれば『独自ドメイン』を取得することをお勧めします。

以下に『独自ドメイン』を取得するメリットをまとめます。

1.信頼性向上

無料ドメインは我々にとってもGoogleなどの検索エンジンにとっても信頼性が低く見られます。なぜなら、独自ドメインの取得には少なからず費用(お金)がかかるため、無料と有料という違いが、信頼性に影響していると言えます。(現実の世界でも、個人事業主よりお金をかけて株式会社を設立するのでは信頼性が違うのと同じような感覚です。)

これらのことから、ECサイトや企業サイトでは『独自ドメイン』での運用は常識となっています。
インターネットを頻繁に閲覧している皆さんも、ドメインにインターネットプロバイダやブログサービスからの無料ドメインで、運営されているWebサイトから商品を購入するのに抵抗があるでしょ?(ちなみに「co.jp」は法人でないと取得できないドメインで、「go.jp」は国の機関が使用するドメインです。)

2.短いURL(アドレス)

短いURL(アドレス)というのは、サイトをPRする時などに第三者に覚えてもらいやすく、大変有効なものとなります。インターネット創世記には、短いドメインを取得するために取得競争が激化しました。(ドメインの取得は先願主義(早い者勝ち)です。)
無料ドメインでは”http://ameblo.jp/xxxx-xxxxx/index.html”といった長いURLになることが多く、名刺や広告などに記載するのにも大変使いにくいです。

3.SEO対策

ドメインを企業名やサービス名、ブランド名としておくことでSEOに強いWebサイトと認識され、検索結果の上位に表示されることになります。(このブロブは「http://connecnect.com」)また、ドメイン登録継続年数もSEOに影響します。無料ドメインの場合、提供業者の都合でドメインの継続が不可能となる場合もないとは言い切れず、絶えずリスクを背負った状態となります。

4.永久的にあなたの物

Web公開にはサーバーが必要ですが、数年後も現在使用しているサーバーで問題はないでしょうか。皆さんもご経験の通りIT業界は日々進化しており、今から10年前のサーバーは、現在の1/10のスペックでありながら10倍の費用が必要でした。これからも技術の発展は続いていくことでしょうから、ハードの進化に合わせて信頼性が上がったドメインを手放す必要はありません。

これらのメリットにたいして、デメリットは

  • コストが掛かる
  • 更新などの管理が必要

の2つがあげられます。

スモールビジネスとしてスタートさせたいあなたの気持ちや、管理運営面での面倒はなるべく回避したいものです。
信頼性をとるかコスト・面倒を省くか、あなたのビジネスにあわせて検討してください。

読了ありがとうございました。

[`evernote` not found]
Pocket

 - ビギナー向け

Message

メールアドレスが公開されることはありません。